本日のベストスリー12月5日

三位 昨日までまるで財源無い政府コロナであれば湧き出る予算

 

二位 命より金が大事な世の中でコロナバブルは終わらせません

 

一位 スッポンもかくやと思う医療界一度つかんだ利権離さず

 

番外 財源は無いと何度も聞かされてコロナであれば打ち出の小槌

 

バカとは何か。その二つ目は、お金との距離の取り方である。自分の中心核にお金が据えられた時、令和の世ではそれが最もキケンで愚かな命に直接かかわる思想信条となるのである。いかに突き放して客観視できるか。これほどお金に対して冷静な見方をしなければならない時代も無い。目先の損得勘定ばかり発達しては、目前のお金の足し算引き算の多寡で判断が狂わされてしまう。あくまで今ここでのお金の損得は、お金を除いた他の多くの諸々に本当に勝るモノなのか。時間軸を広くとり全体像を充分に俯瞰して普段からよくよく吟味熟考しなければ、これまでは何でもなかったハードルも簡単には乗り越えられないことになるのである。どうもありがとうございました。

ネコランキング

写真短歌ランキング

日々の出来事ランキング

本日のベストスリー12月4日

三位 痛い目にあえばあうほど有難し信者の道はあの世へ通ず

 

二位 特定の業界だけを潤せば終わらせられぬコロナの祭り

 

一位 儲かるか儲からないかそれだけが政策基準万人承知

 

番外 業界のお金で書いた論文の読まずに当てる結論いいね

 

令和の世に生きる条件は「バカになるな」である。バカとは何かを見ていくとその一つは、軸が自分にあるかどうかである。何でも真に受けるようでは助からない。権威や専門家、マスコミの吹聴する情報は、自分なりの吟味を通さなければ有用なモノにはならない。この基本のキが身に付いているのかいないのか。これが明暗を分けるのである。実に易しい分かり切ったことのようであるが、タダのCMを何か貴重な情報のように受け取ってしまうのは、自分の既知の分野でなければ往々にしてありがちである。脳は新規の情報に弱い。一旦刷り込まれるとその後の行動に知らず知らず影響を与えるのは必至である。そうやって誘導され向かう先はどうなるのか。どうもありがとうございました。

ネコランキング

写真短歌ランキング

日々の出来事ランキング

本日のベストスリー12月3日

三位 テレビから仕込んだネタが唯一の正解抱えあの世へ急ぐ

 

二位 打て打てと打棒爆発大惨事超過死亡は増大一途

 

一位 打て打てといくら打てどももう一回あの世の扉打ち破るまで

 

番外 打て打てと煽るヤツほど打ってない野球選手であれば引退

 

番外 打て打てと煽られるヤツ猛打賞四番無理でも五回でも打つ

 

自然界は文字通り弱肉強食であるから、弱者から斃れるのは必然である。昨今人間界も同様に弱者、情弱という語は少し深みに欠けるようなので、思考弱者とでも言うべきであろうか。そういった連中から彼岸へ誘われるのである。そういう点では、これもまたごく自然の摂理なのであるが、本来野生の世界と人間を分かつヒューマニズムというものに個人的に私が過度の期待を持つせいか、この惨状を前にしてそうそう簡単に割り切れるものではない。まして、これらを積極的に展開しているかのような存在を否定できないのであれば、尚更だ。どうもありがとうございました。

ネコランキング

写真短歌ランキング

日々の出来事ランキング

本日のベストスリー12月2日

三位 テレビしか見ない人だけ列をなす閻魔も首をかしげる地獄

 

二位 メリットの話だけしか映らない壊れたテレビ決して直らず

 

一位 安心だ安全なんだそらそうだ御用メディアは身分安泰

 

なぜ危機を察知できないか。何が狂っているのか。人によっては一目瞭然簡単に避けて通るのにである。これはなかなか根が深い。であるから人間の中心部魂の問題ではないかと思うこの頃である。善意に解釈すれば、本来働くべき働きがなされない、そういうことだ。魂の機能不全というのがあるとすれば、原因の一番手はやはりお金であろうか。これが判断のもとに関わると大変な誤りをもたらす時がある。目先の損得勘定。そうなれば内容の吟味よりも無料という誘引力が強大となる。実に愚かで恐るべきことになる。どうもありがとうございました。

ネコランキング

写真短歌ランキング

日々の出来事ランキング

本日のベストスリー12月1日

三位 煽られて四回五回懲りもせず開くまで叩くあの世の扉

 

二位 業界の資金もらってデメリットファクトチェックでデマの認定

 

一位 死神をいくら拝めど敬えど降って来るのはあの世行き券

 

番外 煽るだけ煽れば片や大富豪もう一方は乞食転落

 

魂の機能不全か喪失か、どちらにしろ魂の不在であるような体たらくは何としたことか。余りにも腐敗しきった世界であるが故、生まれる予定であったところを急遽取り止め魂だけ入らなかったのか。そんなことがあるのかないのか。見えない世界の解釈ならどうとでも出来る。要はこのままでは済みそうにもないという点である。どこかの時点で大きな崩壊を迎えるのだろう。既に愚か者から続々と誘導、退場が進んでいるのではないか。どうもありがとうございました。

ネコランキング

写真短歌ランキング

日々の出来事ランキング

本日のベストスリー11月30日

三位 警鐘を鳴らす者ほどバカにするそれが本物おバカの証

 

二位 おバカからあの世の御門に並ぶとは知らぬは当のおバカなりけり

 

一位 知らぬまま片づけたのが運の尽きメディアの先はあの世の御門

 

番外 切り札が陰謀論の一語なら先ずは疑え己のアタマ

 

知性・感性・精神性のさらにもう一段下層にはこれらの土台となる魂があって、それぞれの働きの大元として人間存在の核になっているのではないかと思われる。ところが、この魂の存在に大いに疑いの念を抱かざるを得ないのが昨今の体たらくである。ほぼ機能停止となっているのか。はたまた元々空であるのか。あるいは、本来在ったものを失ってしまったのか。随分心許ない有様であるのだけは確かである。人間の核が無であれば、多勢になびくのも尤もである。それでは手の施しようもない。どうもありがとうございました。

ネコランキング

写真短歌ランキング

日々の出来事ランキング

本日のベストスリー11月29日

三位 おバカにも上下の違いありましてこの世で気付くあの世で気付く

 

二位 行き先は言わずと知れたアノ世界バカと煙は高きにのぼる

 

一位 痛い目にあえば気が付く気が付かぬ幕下のバカバカの横綱

 

番外 老婆心ながら一言申します命取られる前に気付けよ

 

気付きを促す作用についてもう一段下で何が起こっているのか考えてみると、知性・感性・精神性の複合的な働き、あるいはこの中のどれか特に発達した活発な部分に引っ張られて意識に上って来る。気付かなければならないのは自分に物理的精神的な害を与える可能性のある出来事であるが、それが致命傷にも及ぶ場合であれば、どうしても見逃すわけにはいかない。この重大事に及んでなお、なんとなく周囲に影響されて流されてしまう。こんなことでは元来自分に備わっている能力を全く使えていないと言える。自分が立つ場は、どこまでも自分の知性・感性・精神性の土台の上でなければ。助かるモノも助からない。現状、ここが余りにも軽視されているようである。どうもありがとうございました。

ネコランキング

写真短歌ランキング

日々の出来事ランキング